今日のおすすめ漫画【2018.03.15】

[柏木ハルコ] 花園メリーゴーランド

父親の故郷へ向かう道中でバスを乗り過ごしてしまった高校1年生の相浦。そんな相浦に声を掛けたのは、澄子という民宿の娘だった。悪天候など不運が重なり、山奥の閉鎖的な集落で連泊を余儀なくされるが――。

都会では考えられない「性」の概念。日本は貞淑というイメージが強いが、それは現代に限った話で、昔、本当に少し前までは、日本人も性に大らかだった。「夜這い」の習慣は当たり前で、現在においても尚、閉鎖的な集落ではその習慣が根強く残っていても、何もおかしいことはないと思う。

今の日本の教育の中で生きて育てられた思春期の相浦には、集落でのこの古い「性」のしきたりは、とてつもない衝撃だったろう。私がこの作品を初めて読んだのはまだ学生だったので、相浦と同じ体験をしたら同じように衝撃で動揺しまくるだろうと感情移入が著しかった。

澄子は美少女という設定なのだが、この頃の柏木ハルコの絵は残念ながら下手くそだ。「健康で文化的な最低限度の生活」で柏木ハルコを久々に読んで、絵の上達ぶりに大変に驚いたくらいだ。

なので澄子の美少女っぷりは絵で表現できていないのだが、澄子の言動は思春期特有のもので、読んでいてかなり可愛い。ここはさすが漫画家としてツボをよく分かっている。自分が当事者だったら澄子の言動は堪ったものではないのだが、私も澄子とこの事件・出来事を体験し青春を経験したような、そんな気になるくらい読んでいて没入してしまう。

相浦の成長、心の変化、大人への一歩、間違いなくこの瞬間が起点で、私自身の青春の思い出のように、未だに鮮明に強く私の頭の中に残っている、不思議な作品だ。

PR

私の「スキ」を分析する – My Favorite Trend Boss :MFTB –

【動作環境】
Android OS 5.0以上

Made in Japan.
© CUTBOSS
Producer & Director, Boss of the Barber.
Lead Programmer & Designer, Boss of the Barber.

今日のおすすめ漫画【2018.03.15】」への5件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中