全生物は「宇宙」の為に存在する/デストロイ×レボリューション/森恒二

森恒二の漫画「デストロイ×レボリューション」、私は結構好きだったのだが、最終話が賛否両論あり、主に「否」が大多数のようだ。

それは最終話での森恒二の考えが理解できない、ということにあるらしいのだ。

私はその意見をレビューサイトなどで初めて確認して、理解できない、共感できない、という声にとても意外だったのだが、それは私が森恒二と似たような生物存在論を抱いていたからだった。

続きを読む