今日のおすすめ漫画【2018.08.04】

[芹沢直樹] ルシフェルの右手

アフリカ某国でのボランティア活動中、内戦に巻き込まれた外科医・勝海由宇。眼前で殺戮が繰り広げられる中、勝海も自らの命を守るため銃を手にし、襲ってきた兵士を射殺してしまう。帰国後、流れ着いたのは横浜。右腕に「医師失格」の烙印を刻んだ勝海だったが、一人の医師と出会いーー。

続きを読む

広告